シッター紹介

ご挨拶

初めまして、店長の大谷です。
子供の頃から動物が大好きでしたので、日々動物と触れ合えるお仕事ができることを本当に幸せに感じています。”いつも笑顔で元気に!”をモットーに、誠心誠意、ペットが快適に過ごせるお手伝いをさせていただきます。

当店は、2009年8月に東京都文京区でペットシッターとして開業、2014年4月からは「Tokyoペットシッター」という店名で活動しております。早いものでシッター歴はもう5年を超えましたが、まだまだ学ぶところが多く日々精進している最中です。

「Tokyoペットシッター(東京ペットシッター)」という名前は、いろいろ考えた末に、いつになっても・どこの区で活動することになっても大丈夫そうだから・・という理由で決めました(^_^.)

現在は、少し範囲が広がり、文京区を中心に豊島区や台東区、北区や荒川区などでシッティングを行っております。(他、千代田区や新宿区、中央区の一部にも対応しています。詳細は店舗情報の対応地域にてご確認下さいませ。)

当店について

当店は、チェーン店とは異なり、個人経営として運営させていただいております。スタッフを何名も抱える大所帯というわけでもありません。雇用があるので無理に営業を頑張らないといけないですとか、件数を増やすことを重視して手を抜いてしまうですとか、そのようなことは一切御座いませんのでご安心いただければと思います。

当店のお客様には、シッターを使うのが初めての方はもちろん、これまではペットホテルを使われていた方や、身内にお願いされていた方、他のシッターさんをご利用になられていた方など、様々なお客様がいらっしゃいます。ただ、その多くの方はこのホームページを見てお問い合わせいただいております。

そんな当店では、大切な家族であるペットのことを第一に考えています。

ペットにとって、飼い主様と離れたいつもと違う環境でのお留守番は、大きなストレスになってしまう場合があります。ストレスでお腹の調子を崩してしまったり、いつもの状態に戻るのに時間が掛かってしまったり・・・。留守中のことが心配で安心して家を離れられなかったりすることもありますよね。

ペットシッターとは、飼い主様の留守中に直接お宅に訪問し、普段と変わらない環境の中でお世話することによって、環境の変化によるストレスを軽減することが出来るサービスです。お客様それぞれのライフスタイル、ペットの個性に合ったサービスを提供させていただけるよう努力しております。

家族であるペットのことを第一に考え、人間の都合でペットに負担をかけません。ペットの送り迎えも不要ですので、お忙しい飼い主様にもお勧めです。環境の変化を嫌うネコちゃんや、他の子が苦手なワンちゃんも、是非一度お試し下さい。

少しでも多くのペットたち、そして飼い主様のお役に立てるように貢献させていただきます。
ご不明点や気になる点などは、お問い合わせいただけましたら丁寧にお答えいたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせフォームもしくは電話にてお問い合わせ下さいませ。

ご依頼・ご予約はこちらから

店舗情報

Tokyoペットシッター店舗情報へ

我が家のペット(家族)を少しご紹介します!

私は小学生のときから、たくさんの生き物に囲まれて暮らしてきました。こちらでは、その一部ではありますが、家族であるペットたちをご紹介させていただきます。

puu puu&me
名前:プー (当店の店長補佐です)
種類:黒パグ
性別:女の子
好きなもの:何よりも「ごはん」!
嫌いなこと:鼻の上のシワ掃除

daisy daisy
名前:デイジー (2013年春より家族になりました)
種類:ホーランドロップイヤー
性別:女の子
好きなもの:ベランダ散策
嫌いなもの:病院

1 (3)

実家のネコさんたち

・ララ
長老です。妹が高校でソフトボール部員だったとき、ボールが当たり瀕死の重傷を負った野良の子猫がララでした。鼻血を出しガリガリに痩せ細ったララは、寒い真冬の日、我が家にやって来ました。ララがやって来てもう15年。あとからやってきたネコさん達と歳が離れているララは、落ち着きがあり長老としての貫禄をかもしだしています。
ララ

・ココ
里親募集のちらしを介してやって来たココ。スーパーのゴミ捨て場に捨てられていたそうです。いつも、他のネコさんたちよりも高い場所からみんなを見ています。最もネコっぽい性格です。
ココ

・大吉
朝、私が通勤する時に車の下からひょっこり出てきた大吉。急いでいた私は、ひかれないところに移動させ通勤したのですが、いつの間にか庭に入り込んでいた大吉は、その後に出てきた妹に「にゃ〜」と甘えながら擦り寄り、そのままうちの子になってしまいました。唯一、うちのネコさん達の中で名前を覚えないのんびり屋さんです。
大吉

・ちぃ
父の車のボンネットの奥に入り込んでしまい、一晩中鳴いていたちぃちゃん。夜中に、ジャッキで車体をあげ、父が車の下に潜り込み救出しました。うちに来る前に恐い経験をしたようで、とても臆病で人見知りです。この写真も、父が頑張って撮ってくれた奇跡の一枚。
ちぃちゃん

・虎太郎
うちのプリンスである末っ子の虎太郎は、「飼ってください」と言わんばかりに勝手口の前に2日間居座り続け、
父の同情を買いうちの子になりました。外から座敷の網戸を登ったり、人の気配を感じると入れてくださいと鳴いてみたり、なかなかガッツのある子猫でした。自分がかわいいことを知っている自信に満ちたネコさんです。
虎太郎(こたろう)

・ミルク
私が小学5年生のときに、友達の家で産まれたワンちゃんのうちの1匹がミルクです。
一緒にキャンプに連れて行ったり、色んなところに一緒に行きました。09年7月に天国へと旅立ちましたが、最後の数日間は寝たきりで体の痛みと戦い、とてもよく頑張りました。
1994年1月19日~2009年7月22日(享年15歳6ヶ月)
ミルクくん

他にも、ウサギ、モルモット、ハムスター、金魚を飼っていました。(モルモットとハムスターは、妹の扶養下でしたが。)近所の高架下で怪我をした小鳩を見つけ、保護して野性に帰したこともあります。こうやって、生活を共にしてきた動物たちを箇条書きにしてみると、自分でもその数にびっくりです。

 あまりにも虎太郎がかわいいので、特別にもうワンショット
kotaroh


<Tokyoペットシッターについて>
シッター紹介サービス内容料金表ご依頼手順よくある質問ご依頼・お問い合わせ


 

ご依頼・ご予約はこちらからどうぞ